健康的に生涯生きるためにできること

 

発病 の原因を把握 しよう

多少の 程度ならオーケー ですが、肉・魚の焦げた箇所 は避ける のがよいでしょう。発ガンのリスク があります。 疾病 とそのファクター との関係をよく理解 し、生活の改良 に役立てたいですね。

それはそうと 心筋梗塞で壊死した心筋は2度と再生することはないと思います 。だから 、早め に治療して壊死の範囲を広げないことが相当に 必要不可欠 です。 糖尿病では血管に異常 が起こる場合があり、網膜の毛細血管に障害 が生じると網膜はく離の危険 もありますから、確かな 治療が肝心 です。

疾患 が発生 するかどうかには遺伝的な原因 もありますが、極力 疾患 になる動機 を排除できるよう踏ん張り と動機 が重要 です。 事実 は、食物 の変転 は、成人病 の増加 に一番 大きく関与 していると言っていいでしょう。

−病名に関する豆知識−
A型肝炎
A型ウイルス性肝炎とは、A型肝炎ウィルスに感染することで炎症を発症する疾患のことをいいます。 感染経路は主に経口によるものです。発症しても症状があらわれないことが多いです。


食 と体

たばこのニコチンには血管を収縮させる作用 があり、高血圧のファクター となります。注意 すべきことです 。 しかし 現在 、遺伝子レベルの研究 から、原因 となる遺伝子が把握 されつつある病気 もあります。

疾患 で現在療養中の方 は、病院 など の計画書など に従い的確な 治療方法を実行 していくことが肝要 です。 からだ の状態 が悪いな、と思ったら、極力 無理をしないことです。

ちなみに 、発がん抑制物質の効用 として、からだ の免疫機能を強化 したりする作用 のものがあります。 果物 等 の植物性食品には多くの 発がん抑制物質やミネラルが含有されています。だから できるだけ 食生活 を重視 しましょう。

癌化した細胞をホントに 修復する作用 のある発がん抑制物質は、食 でひとしお 積極的に補う とよいです。


アイファンタスティック

オススメのページへ

過労 のない正しい 習慣 を
生活環境 の留意
生活習慣 と脂肪
日本人の死亡原因
疾患 のアップ
病気 に配慮 しよう
食 と脂質
生活環境 と脳卒中
© Copyright