病に負けない体づくりのススメ

 

オススメのページへ

生活習慣 と脂質
自覚症状 を正しく把握
病気 のトラブル
食 と脳血管疾病
病気 を理解 しよう
生活環境 と老化
自覚症状 を正しく理解
疾病 のベーシック

キーワード

乳ガン
接合部調律
縦隔腫瘍
空気嚥下症
抗酸化
収縮性心膜炎

病気 とその対策 について

ところで 煙草 は、肺がん、食道がん、喉頭がん、膀胱がんなど 、たくさん の悪性新生物 の大きな 因子 のひとつとなります。 肉体 にあらわれた病状 と病気 との関与 は、正当な 統計 を獲得 して、よく検証 することですね。

病気 を発病 させる過程で、生活習慣 が関与 していることは明らかで、糖尿病や高血圧などは、事前に 予防 するよう毎日 注意が不可欠 です。 話は変わりますが 、メタボリック は、主流 な成人病 であり、心疾患 や脳卒中 等 の予備軍です。

学校や職場での定期健康診断は、身体 の多種多様な 障害 を早め に発見する良いきっかけ です。 高カロリーな食 を維持 して毎日 運動不足、そしてストレス、これらはマネ してはNG な習慣です。

また自覚症状 がなかなか出にくい病気 は、言い換えれば 、病状 がはっきり出たときには治療が不可能 なこともあります。すぐ 留意 するしかないです。 話は変わりますが 、高血圧、高脂血症、肥満、糖尿病は比較的 自覚症状 がないため、「死の四重奏」または 「サイレントキラー」と呼ばれています


食 とメタボリック

果物 など の植物性食品には多量の 発がん抑制物質やミネラルが含有されています。ですから 極力 食 を重要視 しましょう。 でも ちかごろ 、遺伝子レベルの研究 から、因子 となる遺伝子が把握 されつつある病気 もあります。

ところで 、発がん抑制物質の効能 として、身体 の免疫機能を強化 したりする機能 のものがあります。 また、急激に あるいは ゆっくりと 身体能力・言語能力に問題 が生じるようであれば、脳梗塞の可能性 があります。

糖尿病であるかをきっちり 調べるには、病院 で尿検査や血糖 検査を受けると正しい 判断ができます。 過度 な体重アップ も危険ですが、急激に 体重が落ちるのも何かの疾患 の危険信号です。


−病名に関する豆知識−
直腸がん
直腸がんとは、大腸の直腸部分にできる悪性腫瘍のことをいいます。原因としては、食物繊維の摂取不足と肉類の摂取の増加が考えられます。

 


© Copyright