病気に抵抗力のある体の作りかた

キーワード

アセチルコリン負荷試験
インスリン抵抗性
静脈弁
完全大血管転位
胸水
骨腫瘍
労作性狭心症

オススメのページへ

成人病 とカラダ の異常
生活習慣病 とその方策 について
食べ物 と脂質
成人病 は入念に …
生活習慣病 の自覚症状
多種多様な 成人病
正常 体 を回復する こと
疾病 の探求
食べ物 とスポーツ が大事
日常生活 の基本
悪性新生物 、心臓疾患 、脳血管障害
運動 を生活環境 の一部にしよう
食べ物 と有害物質
日常生活 と脳卒中

 

 

疾患 の可能性

ちょっとした 量ならオーケー ですが、アルコールをよく飲む方 は、量は最小 にしておいてください。 何といっても 悪性腫瘍 の部位 を除去すれば問題ない ですが、悪性腫瘍 は他の臓器へと広がっていくので、私たち の死因 ナンバーワンなのです。

特に 30才以上の人 は、最低限 でも年に一度は医療機関 で診察 を受けるべきです。 病気 とその要因 との関係をよく把握 し、生活の改良 に役立てたいですね。

糖尿病では、エネルギー欠乏 によってダルさや疲労感を感じやすくなるのが通常 です。日ごろから 疲れやすいかた は配慮 してください。 どっちにしろ 、大人 になったらときどき 人間ドックを受けてみるのがベストな 疾患 防止 となります。

狭心症または 心筋梗塞のリスクは、動脈硬化によって突然 高まりますので、動脈硬化の予防 は必要 です。



習慣 と糖質

激し過ぎるエクササイズ をするのもトラブル のもとですが、からだ は毎日 動かすようにしましょう。 現在 では内臓脂肪型肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症等 、成人病 のリスク が凄く 高い状態はメタボ とされ、苦労する 疾病 のもとです。

でも 貴方 の疾患 に関与 する自分勝手な予見 は、いつも 後悔することになりかねませんので、必要ならば病院 に行ったほうがよいです。 とはいっても このごろ では大人 のみ でなく、子供の生活習慣病 患者数も更に 増加 してきているのは圧倒的な ことです。

−病名に関する豆知識−
うっ血性心不全
うっ血性心不全とは、心臓のポンプ機能が低下して、血液循環が不十分となり、鬱血症状を生じます。

 

 

© Copyright