画像をクリックするとキトサンショプに繋がります! 「がん」は早期発見で大半が治る時代です!
今話題のPET/CT検査で早期発見を
登録  解除
  キトサンであらゆる疾病対策にお役立てください 有用な情報を配信中
*メールアドレス
*名前

生活習慣 病気がみえる 婦人科TOP > うつ病 > うつ病になったら?

うつ病になったら?について

うつ病は、そのタイプによって治療法も変わりますし、症状によって薬も変わります。うつ病の治療薬には、主に抗うつ剤・精神安定剤(気分安定剤)・抗不安薬・睡眠薬(睡眠導入剤)を使用します。それぞれの薬は、ものによっては何十種類もあります。その中から精神科医が症状にあわせて判断しながら薬を組み合わせて処方します。また、それと平行して、患者が希望するようなら、あるいは、医師が必要と判断すると、カウンセリングを行うこともあります。ですから、まず専門の医師に掛かることが重要なのですが、精神科受診は避けたいと考える人が多いのが現状です。そのため、心療内科を訪れる人も少なくありませんが、心療内科は精神的な原因で肉体的な病が発症した人を主に診療するところです。例えば、神経性胃炎とかストレス性胃潰瘍などです。心療内科の医師は、抗うつ剤を処方することはできても、その人の精神状態に最適な薬を判断して処方する専門家ではありません。自分がうつ病かもと思ったら、できるだけ早い段階で精神科を訪れるようにしましょう。テレビドラマなどの影響で勘違いしている人も多いですが、基本的に定期的な検診とカウンセリングは別物です。医師は症状を聞いて薬の効き目を確認しながら処方を変えたり続けたりを判断します。なので、殆どの場合、「具合はどうですか?」と症状を聞くだけで、診療時間は5〜30分程度です。カウンセリングは医師ではなく、カウンセラーの予約を取って掛かる事になっているのが一般的です。

未分類記事一覧

うつには周りの協力が必要?

うつ病に周りの人の協力が必要かというと、もちろん、必要でしょう。でも、協力以上に必要なのは、周りの人の理解です。うつ病になってしまうと、様々なことが以前とは違ってしまいます。例えば...

うつ対策のサプリメントって?

うつ病は、脳内物質の不足で起こるといわれています。うつ病の症状にもよりますが、一般的には脳内物質のセロトニン分泌量が不足すると起きるというのが、最近の定説です。また、ビタミンB1の...

うつ病になったら?

うつ病は、そのタイプによって治療法も変わりますし、症状によって薬も変わります。うつ病の治療薬には、主に抗うつ剤・精神安定剤(気分安定剤)・抗不安薬・睡眠薬(睡眠導入剤)を使用します...

うつ病の種類って?

うつ病の種類は、分類方法によって様々あります。◆うつ症状の病状で分類・あまり大きな問題の無い正常なうつ状態環境変化や身近な人の死などで起きる精神的な沈うつ状態ですが、精...

うつ病の原因って?

うつ病は元々、「心の病」と呼ばれていますが、近年では脳内物質の不足によって起きているとわかってきました。具体的には、脳内物質のセロトニンの不足が大きく関係しているといわれています。...

うつ病の症状って?

うつ病は精神的に落ち込む沈うつ状態が長期間にわたって続く症状です。その主な症状は精神的なものですが、肉体的な症状もあります。一般的にはベッドに入ってから1時間以上眠れない・早朝に目...


「がん」は早期発見で大半が治る時代です!
今話題のPET/CT検査で早期発見を 低分子キトサンはあらゆる疾病 病気にたいして免疫力向上(免疫療法)で改善に期待できます